苫小牧で中医学・漢方相談ができるお店   

わたなべ薬房   

『子宝相談』『更年期障害』『生理痛』『不眠症』『皮膚病』などの漢方相談

お気軽にご相談下さい

漢 方 相 談
美 容 相 談

北海道苫小牧市美園町2丁目1-4

 営業時間 9:00~20:00

 定休日    日曜日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらから

0120-32-7858

こ う じ の 健 康 通 信

健康の事や気になる症状をお伝えする通信です。
 

その不調、湿気のせいかも? 

2020年6月号

6月に入り暖かな日が多くなってきましたね。気温が上がるのと同時に湿度も高くなってきます。北海道は本州に比べて湿度は低いですが、年々湿度が高くなってきているように感じられます。湿度が高くなると、身体の不調を訴える方が多くなってきます

例えば、体が重だるくなる、疲労感や倦怠感がとれない、頭が重い、食欲が無くなる、しめつけられる頭痛、むくみ、眠たくなる、関節の痛みやだるさ、めまい、皮膚トラブルなど。これらの不調の原因は湿気が影響していると考えられます。湿度が高くなると、体の中の湿気が発散されにくくなり、体に停滞してしまいます。すると余分な湿気が体に溜まる事で、上記の様な症状が現われてきます。更に脾(胃腸)は湿気を嫌うので、胃腸の働きが乱れ、食欲が落ちたり、便に粘りが出てくる方もいます。また疲労感があり栄養補給をしてもとれない疲れは、湿気が影響している事が多いです。対策としては、体に停滞した湿気を取り除いてあげる事で不調が改善していきます。例えば、軽い運動で汗をかく事で湿気が体から出ていきやすくなります。飲食は、冷たい物や味の濃い物は控えましょう。これらは胃腸の働きを低下させ水分代謝を悪くするので体に湿気を停滞しやすくしてしまいます。体に溜まった湿気は、取れづらく居座る傾向があるので、それでもダメな時は、湿気を体から追い出す漢方薬を飲むと早く湿気がとれて体がスッキリします。自分の不調の原因が湿気かなと思われる方はお気軽にご相談下さい。

女 性 の イ ラ イ ラ

2020年5月号

特別な理由もなくイライラしやすい、怒りっぽくなった、怒った後に後悔するなんて事はないですか?それは、アナタが悪いのではなく身体がそうさせているのです。そうさせている原因は、女性の身体の仕組み、月経周期と関係している事があります。女性は生理がある事で毎月、血を消耗しています。中医学では血がたっぷりあると心に余裕が生まれ、気がスムーズに巡ります。逆に血が消耗され回復されていないと、気をスムーズに巡らせる働きができなくなり、イライラしやすくなると考えられています。更に生理後10日後から生理開始前までは黄体期(高温期)といい体温が高くなる時期なので、身体に熱がこもりやすくなります。自然界では、熱い物は上へ上へと上がる性質をもっているのでこもった熱が身体の上部にある脳に上がると神経を過剰に興奮させイライラしやすくなったり、怒りっぽくなったりするのです。更年期でイライラするのも、身体にこもった熱が悪さをするという意味では似たような仕組みで起こっています。熱は機能を亢進させるので、イライラや動悸、のぼせ、ホットフラッシュなど亢進する症状が多く見られるのもそういう事なのです。対策としては、不足を補い、気の巡りを良くしながら頭部に上がった熱をクールダウンするような漢方薬を飲む事で本来の自分の姿に戻ってきます。生活習慣では12時前には寝る、夜更かしや考え過ぎは心の栄養が消耗されますので要注意です。気持ちを伸びやかにして気を巡らせる、春菊やセロリ、かんきつ類など香りのある食べ物を積極的に食べるといいです。イライラが強い時に辛い物やコーヒーは熱をあおり興奮させるので控えるなどの工夫をしながら生活していくといいです。身体の乱れを整えていく事で、気持ちも変化していきます。気になる方は、お気軽にご相談下さい。

アレルギー性鼻炎ではないの?
(血管運動性鼻炎)

2020年4月号

花粉症の方が新型コロナウイルス感染者と間違われないように「周囲の人に花粉症だとお知らせする缶バッチ」が話題になりましたが、北海道ではこれから白樺花粉の時期になってきます。更にアレルギー性鼻炎や温度差による鼻水やクシャミが出る血管運動性鼻炎などの症状が盛んになる季節です。今回はアレルギー性鼻炎に似ているけど違う「血管運動性鼻炎」についてご紹介します。症状はアレルギー性鼻炎に似ていて、くしゃみ・鼻水が出るけど、検査をしてもアレルギーではない(Ige抗体がみられない)という症状が血管運動性鼻炎です。血管運動性鼻炎は「温度差」「姿勢の変化」などで鼻水やくしゃみを頻発するのが特徴です。例えば寒い所から暖かい所 暖かい所から寒い所に行くと症状が強くなる。朝起きるとくしゃみを連発する、安静時や就寝時、食事中などに鼻水が多くなる方もいます。では、なぜ起きるかというと、鼻の周りの血の巡りが悪いために鼻粘膜が過敏になる事で起こります。例えば、気温が変化する事で、血液の流れに変化が起き、それに反応して鼻水が溢れ出てしまうのが一つ。寝ている姿勢から体を起こすと血液の流れが上から下へと変化するために、くしゃみを連発させて血液の流れを上に戻そうとする人間の防衛反応により鼻水が出てくるのです。

対策としては、冷たい物の飲食を控えるなどしながら、鼻の血流を良くして粘膜のバリア機能を高める事が必要です。アレルギーでは無いけど、温度差で鼻水が出る方は血管運動性鼻炎かもしれません?気になる方はご相談下さい。